ドーム

「Art is the ultimate luxury - 芸術は究極の贅沢」

ドーム[Daum]。それは伝説的なガラス工芸のブランド。1世紀以上にわたって、その時代の偉大なアーティストたちと常に情熱的なコラボレーションを続けてきました。可憐な色調のクリスタルは、数々の芸術作品に、新たな生命を与えてきました。 ナンシー派のアール・ヌーヴォーからアール・デコ、ルイ・マジョレルからダリ、ジョルジュ・ブラック、アルマンに至るまで、ドーム[Daum]は魔法のような多くのアーティストたちと出逢ってきました。芸術的なクリエーションと現代の卓逸した技術、このアートと技術とのマリアージュは現在にも至っています。これだけ多くのアーティストたちとコラボレーションしてきたフランスのブランドが他にあるでしょうか? ドーム[Daum]がこの140年間にコラボレーションしたアーティストたちは350人以上に及び、比類のないコレクションを生み出してきました。このクリスタルの作品を何と表現できるでしょう? それはクリスタル・アートのオートクチュールとも言えます。 布地のような微妙な色合いの不思議な素材は、ドーム[Daum]だけのパート・ド・クリスタル。古代エジプトで用いられていたこの製作技術を1968年にドーム[Daum]が再発見し、クリスタルで再現しました。何世代にも受け継がれてきたこの技術は、今日フランス最高技術のガラス職人によってドーム[Daum]のクリスタルに生まれ変わります。40色以上のカラーパレットが織り成す不思議で華やかなドーム[Daum]の世界をご堪能下さい。


■パート・ド・クリスタル技法について

パート・ド・クリスタルが出来上がるまでには23工程あり、17人のアーティストと専門職人によって、23もの工程を経て作りだされる「パート・ド・クリスタル」技法。クリスタルを石膏型から取り出す際に、1回ずつ型を壊すため、同じものは二つとありません。 深い色合いのグラデーションは見るほどに味わいを増し、まさにドームならではの芸術性を感じさせます。以下がおおまかな制作工程です。

パート・ド・クリスタル技法
1.

デッサンから彫刻制作
デッサンを元に彫刻家が石膏で原型を作ります。質感、ディテール、芳情などを出来る限り完璧に表現します。
2.

エラストメールの鋳型
制作した石膏の原型の彫刻から、エラストメール(ゴム)の鋳型を取ります。
3.

ワックスでの彫刻制作
忠実に原型の彫刻が再現されたエラストメールの鋳型に、熱したワックス(蝋)を流し込みます。ワックスが固まった後、鋳型からこれを取り出すと、石膏の原型に対して、今度はワックスの彫刻が出来上がります。
4.

丁寧に仕上げる
このワックスの彫刻を石膏の原型と同じになるように丁寧に仕上げ、耐火石膏の中に沈め、乾燥室に入れて高温で乾かします。ワックスが80 度を超えると溶け出し、予め開けておいた耐火石膏の鋳型の穴から外に流れ出ます。(ロスト・ワックス技法)
5.

クリスタルの粒
石膏の鋳型の中に大きさや色が様々なグロワジール(クリスタルの色粒)を詰め、窯に入れ、温度をゆっくりと上げていきます(1000 度以上)。グロワジールはペースト状になり鋳型の隅々まで満ちます。その後、温度を徐々に下げます。この溶解、徐冷の工程は10 日間以上を要します。
6.

石膏の鋳型を外す
温度が下がった後、石膏の鋳型を壊すと、パート・ド・クリスタルの彫刻が現れます。その中にある作品が割れないように注意して石膏を外します。これは「モールド・ブレーキング」と呼ばれています。

7.

洗浄、研磨
品質、色彩、形などの検査の後、洗浄と研 磨など更に10 の作業工程が続きます。
8.

サイン入れ
最後のドームサインの手彫りは最後ま で全て手作りした証明です。
新作品1 点1 点を制作する度にこの工程を繰り返し、ひとつひとつが微妙に異なる仕上がりになります。それがドームの独特な特徴の1 つで、希少とされる理由です。