高級洋食器 マイセン・ベルナルドの正規日本総代理店 | ジーケージャパンオンラインショップ/通信販売サイト







ベルナルド・リトファニー一覧ページへ

メディア情報


2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

ロワイヤル・ド・リモージュ > ロワイヤル・ド・リモージュ[Royale de Limoges] ロズレ プレート21cm L002/17

< [前の商品] [次の商品] >

商品名: ロワイヤル・ド・リモージュ[Royale de Limoges] ロズレ プレート21cm L002/17
製造元: ロワイヤル・ド・リモージュ
原産地: フランス
商品番号: L002/17

直径 21cm
磁器

ヨーロッパで啓蒙思想が主流となっていた17世紀後半から18世紀。この時代は、特に花のモチーフが好まれました。「ロズレ」とはフランス語で「バラ園」の意味。春の訪れを感じさせるバラを、より自由にそしてロマンティックに描いたコレクションです。ゴールドの直線的なラインが甘くなりがちなこのコレクションのデザインを巧みに引き締め、フランス革命以前の栄華を感じさせる金冠のようなデザインがプレートのくぼみの部分に施されています。「ロズレ」はプロヴァンス伯爵(後の国王ルイ18世)が庇護をしたクリニャンクール製陶所で制作されました。この製陶所は1768年から1799年まで磁器の制作を行なっていましたが、このコレクションは1789年から1799年までの10年間に制作されたといわれています。「ロズレ」のオリジナルは、パリのモンマルトル美術館に所蔵されています。

ロワイヤル・ド・リモージュの歴史はそのまま「磁器」の歴史と言われます。 1768年にリモージュで発見された貴重なカオリンをフランスで初めて用い、その純白の磁肌と透明感は「汚れなく純粋」と称えられました。 そしてその完璧な美しさに魅了されたアルトワ伯爵(ルイ16世の弟)の厚い庇護のもとでセーヴル窯と競いあったのでした。はるか18世紀の昔から、ロワイヤル・ド・リモージュは伝統に培われた高い品質を守り、手仕事によるフォーム(型)とデコール(絵付)の技術を保ち続けています。


商品名ロワイヤル・ド・リモージュ[Royale de Limoges] ロズレ プレート21cm L002/17
商品番号L002/17
販売価格 円(本体価格 円)
ポイント1,840 pt ポイントについて
数量

在庫状況について
-